不動産購入の流れ | 呉市の不動産なら呉市役所前の「不動産のアクセス」にお任せください。

呉市不動産の売買・賃貸の仲介、管理、有効活用

お役立ち情報
特集コーナー
現在特集はありません。
不動産ブログ ※最新情報をブログでチェックできます。
会社案内
  • 株式会社アクセス 
    〒737-0051
    広島県呉市中央4丁目3−10−109
    TEL:0823-24-3933
    FAX:0823-23-5450
    お気軽にお問い合わせ下さい
お役立ちサイト
登録されているリンクがありません

不動産購入の流れ

1

資金計画を立てる

不動産の購入にはまず、預貯金の額や住宅ローンの借入可能額などを確認して、予算の目安を立てることから始まります。不動産購入には物件の価格に加えて、税金・諸経費などさまざまな諸費用が必要になります。また、引っ越しや、家具・家電、物件によってはリフォーム代が必要になることも考慮しておきます。
当社では、購入できる物件はいくらくらいか?住宅ローンがいくらくらい組めるか?毎月の返済額やその他諸費用は?など、お客様のご希望や収入に応じてさまざまな資金計画をご提案いたします。

2

希望条件をまとめて物件探し〜現地視察

住みたい地域や広さや間取り、譲れない条件の優先順位を決めて、物件を探しましょう。納得のいく住まい選びは多くの情報を見ることも大事な要素です。インターネットや、折り込みチラシ等様々な収集方法があります。もちろん当社からもプロならではの視点からお客様のご希望ににあった最適な物件をご提案しております。気に入った物件が見つかったら、必ず現地を見に行きましょう。昼と夜での違いや、平日と休日などでも違います。各種チェックポイントを一緒に確認しながら見ていくことが大切です。

3

不動産の購入申し込み

購入したい物件が決まりましたら、売主様に対し、意思表示を書面で提示します(不動産購入申込書)。これをうけて、契約条件を売主様と交渉・調整していきます。あわせて物件の調査をおこない、契約関係書類を作成します。住宅ローンをご利用する場合はこの時点で、金融機関に融資の事前審査の申し込みを行います。

4

重要事項説明を受ける

購入の申し込みをしたら不動産会社の宅地建物取引主任者から、重要事項の説明を受けます。宅地建物取引業法上、不動産業者の宅地建物取引主任者が、売主様・買主様に対して契約が成立するまでの間に、物件や取引条件に関する一定の重要事項の説明をすることが義務付けられています。
重要事項説明には、登記簿に記載されている権利関係、将来建て替え時の法的制限、敷地と道路の関係、万が一の契約解除の場合の規定などが記載されています。

5

売買契約書の締結をする

重要事項説明の内容を確認して納得できたら、売主様と売買契約を結びます。不動産売買契約書には、条件交渉で合意に達した事項を盛り込み、売主様・買主様双方に交付します。買主様と売主様が署名・捺印し、このとき、一般的には物件価格の10〜20%程度の手付金(契約金)を支払い、契約が正式に成立します。

6

住宅ローンを申し込む

住宅ローンにはさまざまな種類があります。お客様の条件や購入する物件にもよりますが、当社でもご案内をさせていだいております。融資を受ける金融機関が決まりましたら、所定のローン申込を行い、審査を受けます。1〜3週間程度で、金融機関より融資の審査結果の連絡があります。
融資承認が得られましたら、金融機関との間で金銭消費貸借契約兼抵当権設定契約を結び、詳細な借り入れ条件を決定します。

7

残代金の支払いとお引渡し

物件の最終確認を現地にて行います。所有権移転登記の申請に必要な書類が揃っているか、司法書士が確認します。引き渡しには、買主様は残代金を支払います。それと同時に、売り主様が物件を引き渡し、不動産の登記手続きを行います。その後、引っ越しをして入居となります。


最近見た物件 (0)